‐ 異民族に支配された日本人は、なぜ家畜以下なのか ‐

Jリーグ20周年 収益アップへの挑戦 -東南アジア戦略-

Jリーグ20周年 収益アップへの挑戦 -東南アジア戦略-

テレビ東京 ワールドビジネスサテライト 2013/05/14(火)放送分より

観客動員数ピーク時は、平均20,000人を超え、黒字額は400億円
2011年度 観客動員平均20,000人割り込む Jリーグクラブの約半分は赤字
Jリーグ 大東和美チェアマン 「アジアに向かって幅広くやっていきたい。」

東南アジアへの戦略 J3構想 日本プロサッカーの3部リーグ 来春からスタート
東南アジア選手の獲得 日本の企業がアジアをビジネスの市場にしているので、
Jリーグとスポンサーをサッカーでつなげるのが狙い 
試合放映やスポンサー獲得につなげ、収益アップにつなげる

Jリーグ J3準備室岩本さんがAC長野パルセイロを訪問する。
「東南アジアの国々とパートナーシップを結んでいてそういう国々で活躍している選手に日本でプレーする場を提供したい。」「チャンスがあれば検討したい アジアに開かれたJ3 ただの3部リーグではなく、
実験・チャレンジができる場にしたい。」
長野パルセイロ社長「タイの選手と試合したとき、うまいし粘り強い。」

日本経済研究所ソリューション本部小原爽子副本部長 収入の柱は、放映権と入場料と広告料 
この入場料と放映権収入を伸ばすことが重要 東南アジア 欧州リーグの放映が定着 J3は後発 
J3人気獲得には地元選手の活躍がカギ

東南アジアの選手が活躍できれば、有料で見てもらえる目途が立つ 当然、放映権収入は上がっていく
FC琉球 マレーシア出身ワンザック選手ヤングタイガーの異名 
マレーシア出身ナイム選手 オリンピック代表
今年3月末にFC琉球に2名入団 宗教上豚肉はだめなので、特別に豚肉のないホカ弁等を注文する 

デビュー戦は、ワンザック選手を取材するために、マレーシアより大勢の報道陣が押し寄せた
テレビだけではなく、新聞も一面でワンザック選手の活躍を取り上げる
FC琉球のHPのアクセス数は、ワンザックとナイムが加入してから、マレーシアがトップ アクセス数も増加

現地の有料放送チャンネルastroから試合放映の依頼 ヨーロッパリーグも放映する有力な衛星放送
多くのマレーシア人はワンザック選手が日本でどうしているかを知りたがっている 日本のクラブと連携して、グッズ販売やファンクラブの運営 映像コンテンツの共有などができると確信している
FC琉球×astro マレーシアでのグッズ販売で合意 試合の生中継についても交渉中

この勢いでスポンサー企業の獲得 
マレーシアで放送されることを沖縄県外の現地へ進出する企業に売り込み
沖縄は本土に比べ、大企業が数が少ない 
中古車情報誌GOOを発行するPROTOグループ FC琉球のスポンサー企業
マレーシアの媒体「motor trader」を2011年に買収した ASEANを中心に展開する予定 
スポンサー費用 年間数千万円 宣伝効果は十分 
マレーシア国内で注目されていることが分かり、ブランディングを検討

東南アジアの選手獲得を収益につなげる 
JリーグがJ3で考えるビジネスモデルをFC琉球は先行して実践している。
スポンサーサイト
[ 2013/05/19 17:04 ] その他 | TB(-) | CM(0)

最新のサッカー専用スタジアム事情

FOOT×BRAIN2013/02/09(土)放送「理想のサッカースタジアムとは?」録画を見ました。

2010年放送したJリーグスタジアムプロジェクト欧州視察の映像を使い回ししてましたが、
傍士銑太氏の防災機能としてのサッカー専用スタジアム分析は、すごいと思いました。
情報発信基地がないアマチュアスポーツのスタジアムとの差が出ると思いました。

[ 2013/02/10 17:52 ] その他 | TB(-) | CM(0)

栃木SCの活動理念と事業運営方針

活動理念

●地域社会の一員として、子供たちに大きな夢と希望を与え、青少年の健全な育成に寄与します。

●健全なスポーツレクリエーションの提供を通じて、県民に勇気と誇り、そして感動を与えます。

●競技スポーツの枠にとどまることなく、生涯スポーツの充実や社会スポーツの発展に資する、新しいスポーツ文化の実現を目指します。

●地域に密着した新しいエンターテイメントを提供することで、活気溢れる街づくりの一助となることを目指し、地域経済の活性化に貢献します。


事業運営方針

●顧客満足の追求
直接関係する顧客はもちろん、それ以外の住民の方々などとも対話を定期的・継続的に実施することで、当社が担うべき役割や提供すべき価値についての理解を深め、その実現に向けて最大限の努力をします。

●地域社会への積極貢献
当社の存在意義を十分に理解し、積極的に社会貢献活動に取り組みます。

●挑戦する企業風土の醸成
当社を取り巻く地域性や社会環境に相応しい独自のビジネスモデルの構築を目指し、慣習や前例に囚われず、常にチャレンジ精神を持ってビジネスに取り組みます。

●健全経営の実践
身の丈にあった健全経営を常に心がけます。


栃木SCクラブ情報より

以 上
[ 2012/01/23 15:39 ] その他 | TB(-) | CM(0)

アウェー草津戦 【2011.12.3(土)12時半キックオフ】

2011年シーズン最終戦の前橋に行ってきました。
天気が悪く、雨がかなり振り続けました。
試合結果は、草津4-0栃木でした。

庄田醤油スタジアム文字
[ 2011/12/12 21:48 ] その他 | TB(-) | CM(0)

グリスタ大分戦 【2011.11.26(土)17時半キックオフ】

2011年シーズンのホーム最終戦は、
栃木2-1大分の結果で、ロボのグリスタ置土産の決勝弾で、
今季初の逆転勝ちをすることができました。
もう少し逆転勝ちを見たかったシーズンでした。
まだ草津戦がありますので、今シーズン最終戦も勝利で終わりましょう!

後援会ブース前で、鴨志田選手と宇佐美選手が、
後援会入会案内の手伝いをしてくれました。
選手後援会手伝い

ホームゴール裏です。
バクスタの来季の年間パスポートが通常の価格に戻るため、
来季のゴール裏は、もう少し人が増えそうです。
ホームゴール裏

大分アウェーゴール裏です。200人くらいいたでしょうか。
半分くらいが、大分スポンサーの団体動員ということでした。
アウェーゴール裏
[ 2011/11/27 22:47 ] その他 | TB(-) | CM(0)